要らなくなった本を売るなら、宅配買取がお勧め!

ビジネス・実用書を高く買取してもらうために知っておくべきこと

古本屋で多く棚に並んでいる本にビジネス・実用書があります。
多く棚に並んでいるということは、それが売れているということですし、買取が多くされているということです。
ノウハウ本や業界動向などの本は、安定した需要があります。
特に、新しく社会に出る人、転職をする人などで毎年一定の需要があり、特に春になるとよく売れる傾向がありますので、冬の終わり頃から買取を強化するお店も多いです。

ビジネス・実用書の中でも、自己啓発書のジャンルは根強い人気があり、特にリアルの書店でよく売れます。
オンラインの書店では基本的に本は指名買いになるので、有名な作品以外はなかなか売れませんが、リアル書店では雰囲気買いやジャケ買いがあるので、意外と売れるのです。
売れるということは、逆に仕入れが必要になるので買取もよく行なわれています。

また、ビジネスのためのハウツー本、ノウハウ本もよく売れます。
この分野で古典といわれるような本、有名な経営者の本は値崩れもなく、よく出入りします。
終わコンといわれるような人の本は、時間が経つと在庫が目立つようになりますので、著者の人気を見ながら早めに売却するのが吉かと思います。

ビジネス・実用書の買取相場は、新書・文庫本タイプであれば1冊30円~50円、ハードカバーであれば、100円~で取引されることが多いです。
人気作品であれば数百円の価値がつくことも珍しくありません。
また、何かの際に急に価格が上がることもあります。
最近なら、ドラッカーの本の買い取り価格が軒並み値上がりしました。

このジャンルは専門的なものであるほど商品の値崩れが少なく、解説本や情報本であるほど経年の値崩れが大きくなるので、出版年月も査定の大きなポイントになります。
もう読まない、と思ったら早めに査定してもらいましょう。

ビジネス・実用書はお店からはまず嫌われることがないので、安心して送れます。
宅配買取では、返送に料金がかかるものも多いので、こうした安心して査定に出せる商品は本当に助かるのです。
お勧め!古本買取業者ランキングはこちら


関連記事