要らなくなった本を売るなら、宅配買取がお勧め!

少しでも高く売る、古本の査定額アップのコツ!

査定価格あっぷ!

古本の買取においては、同じ本だとしても高く売ることができる場合があります。
それでは、どういう点に気をつけておけば高く販売できるのか、そのコツをお伝えしましょう。

お店を選ぶ

ヴィンテージものやプレミアムアイテム、マニアックなアイテムは、インターネットで商品の販売をしているお店で高く買い取ってもらえる傾向があります。
コツとしては、ジャンルにあったお店を選ぶこと。
お店によってジャンルの強い弱いがありますので、そのジャンルの商品に強いお店だと査定額も高くなることが多いです。
一般的な何でも買ってくれるところは査定額も低くなりがちです。

マニアックなアイテムは駿河屋の買取がおすすめ!

本をきれいな状態で送る

きれいな本はいい値で買い取ってもらえるのが普通です。
お店ではなるべくきれいな状態で本を販売します。
汚い本ときれいな本とでは、メンテナンスにかかる手間が違ってきます。
ですから、梱包の段階で表紙を軽く拭いておくときれいに見えます。
また、梱包する時に、潰れて変形したり、色落ちすることがないように、破れたりすることがないように気を配って包むことも必要です。
箱にぎっしり詰まっていない場合は、空間を埋めるために緩衝材を入れたり、宅配業者に送ってもらう際にも天地無用などの上下がわかるようなシールを貼ったりするべきです。

仕分けしてから送る

時々、セット商品(書籍+DVD、書籍+フィギュアなど)を販売する方もいますが、そういう場合はセット商品がわかるように送りましょう。
そうすることで、査定額が変わる場合があります。
セットだと気付かずに別々で査定されて低い評価にならないように、まとめておくように(セットだとわかるように)仕分けしましょう。

リアル店舗の意外な話

リアル店舗であれば、身だしなみがきれいな人は信頼できるから査定額を上げる、美人が得をするという話もあったりします。
ちょっと人間味のある話で安心しますね。

こうした点に気をつけていれば、査定額が高くなることもあります。
コツをつかんでおけば、日頃の本棚の管理から変わってきますので覚えておきましょう。

お勧め!古本買取業者ランキングはこちら